読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プロローグ

きっかけはライター、大山顕さんのワークショップでした。

2時間半、エアコンの室外機だったりゴミ箱だったり、なにかひとつテーマを決めてそれを撮りながらみんなで街中を歩くというもの。


序盤にこのなんともいえないアロエを見つけたがために、2時間半アロエを撮り続けてしまいました。

予想以上の数の多さ、バリエーション、奔放な生命力。

気がついたら、アロエを見つけると「あった!」ではなく「いた!」と反応してしまう自分がいました。


そして満足した帰り道、最寄のバス停を降りた瞬間、目に飛び込んでくるソレ。


いつものバス停のはずなのに。
外そうとしても外れないドラクエの呪いアイテムのように、わたしにはアロエセンサーが搭載されてしまいました。


翌日、アロエセンサーを搭載した目で歩くと、近所はアロエのパラダイスでした。

愛すればいいのか、ツッコめばいいのか、まだスタンスを決めかねています。
ただ、気付いたら2日間で200枚以上アロエの写真を撮っており、それらがかなり面白いのは事実なので、
こうしてまとめることにしました。この先どうなるかはまったく不明です。

追記:バスを降りてから買って帰ったモノ↓