読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脇役であるとも知らずに

 
前に紹介した川沿いのアロエ、桜の時期に会いに行きました。
 
f:id:sayakaloe:20150412032937j:plain
やっほー
 
 
 
f:id:sayakaloe:20150412033610j:plain
桜の木の下には(以下略)
 
f:id:sayakaloe:20150412033701j:plain
桜吹雪が降り積もる。
 
f:id:sayakaloe:20150412033733j:plain
ほら、ラブリーだよ!
 
 

幻惑のアロエアイランド、初島

伊豆にはアロエがわさわさ繁っていてユートピアだと聞いているけど、近隣なだけあって熱海も熱かったYO!という話。

 
もうだいぶ前だけど、ある夏の日に熱海港から船に乗って初島に行きました。
 
f:id:sayakaloe:20140813145547j:plain
どーん。
船着き場からすぐでこの有様。
 
 
料理屋が並んだエリアがあり、そこでごはんを食べたんだけども、裏手のお手洗いを借りたらいました。
f:id:sayakaloe:20140813145752j:plain
ばーん。
 
後ろを振り向いてもいる。
f:id:sayakaloe:20140813145819j:plain
じゃーん。
 
f:id:sayakaloe:20150412023210j:plain
どこだかわかる?
 
f:id:sayakaloe:20150412023236j:plain
答え:道路沿いのやつぜんぶ。
 
f:id:sayakaloe:20150412023325j:plain
この生命力。
 
 
f:id:sayakaloe:20150412023424j:plain
f:id:sayakaloe:20150412023447j:plain
繁りすぎて刈られることもあるけど、
 
f:id:sayakaloe:20150412023524j:plain
それでも元気。
 
f:id:sayakaloe:20150412023552j:plain
ひと枝持って歩いたりもして。
 
 
f:id:sayakaloe:20150412023628j:plain
遠くからでもわかるかたまり。
 
f:id:sayakaloe:20150412023716j:plain
ここが桃源郷なのかな。
 
 
f:id:sayakaloe:20150412023805j:plain
圧巻。
わかるか?これ全部アロエなんだぜ。
 
f:id:sayakaloe:20150412023932j:plain
下から見たらこんなである。
 
f:id:sayakaloe:20150412024007j:plain
小さくてかわいいのもちゃんといる。
 
今回は旅行のついでだったけど、いつか本気のアロエ撮りに来たい。
そしてまだ見ぬユートピア、伊豆への想いは募るばかりだ。

 

猛暑の日差しに故郷を思う

f:id:sayakaloe:20140809233200j:plain

夏の照りつける太陽を受けて、パンキッシュな影を地面に落とす。


f:id:sayakaloe:20140809233425j:plain

上から見るとこんな。
東京のアスファルトとアフリカの大地なら、アロエ的にはやっぱり広々としたアフリカの大地がいいのかな。

柵の向こう側

f:id:sayakaloe:20140809233044j:plain

根元がどうなってるのか気になる。
もうワッサワサに茂っていてほしい。

一期一会

歩いていると、前方に気配を感じることがある。

f:id:sayakaloe:20140809173602j:plain
あーいるね


なんてことない鉢植えかと思いきや、よく見るとしみじみと味わい深いかたち。

f:id:sayakaloe:20140809173700j:plain
なんか石の上に乗ってるし、左側はぐんにゃりしてるし。


f:id:sayakaloe:20140809173756j:plain
この人、どのくらいの時間ここにいるんだろう。

遭遇は日常の中に

アロゾンビ が あらわれた!

f:id:sayakaloe:20140809040935j:plain

もう完全にモンスター。
足元というか根元、なんでこんなになっちゃってるの。

f:id:sayakaloe:20140809041702j:plain
足元拡大図。
転がってる栗が武器みたいで恐ろしい。


昼間ならともかく、夜にこれと出会ったら相当怖い。

そして何より、わたしがいつどこでこいつと遭遇したのか全く思い出せないのが一番怖い。