目撃者

すぐ後ろに集団でいる!

深川リバーサイドに蠢くものたち

江東区の深川と呼ばれる地域は、昔のなごりで 水路やかつて水路だったと分かる場所が多くあります。古地図を見てその面影を辿るもよし、 水路をボートをめぐるもよし(そのようなイベントがよく開催されています)。 江戸時代の風情をそこかしこに残した、な…

いぶし銀

貫禄充分。

今日の前菜

アロエ三種盛り。

住宅街

こういうのが、いきなり路上に現れたりします。 南国ではなく、東京のおはなし。しかも冬。

まさかのコラボレーション

アロエ×梅。意外と調和……してないね。

用賀がアロエワンダーランドだった件

先日、私用で世田谷は用賀に行ってきました。 目的地までの道すがら、いい感じのアロエが うようよ棲息してたのでご紹介します。 完全に油断していて、カメラを持ってなかったので 携帯電話で撮影してます。 しかもメールモードで画像が小さいです。 画質の…

今年もよろしくお願いします

アロ越しで謹賀新年。昨年はまさかのアロエ開眼のほか、 いい出会いがたくさんありました。本当にありがとう。今年は個人的な理由により、あまりイベント等に 参加できませんが、収集は続けますのでどうぞよろしくお願いします。

植木鉢?

本日散歩中の大収穫物件。 まさかの石油タンク 注意して見てると、発泡スチロールに生息しているアロエは意外と多い。 何かの空き容器を代用する例もたまに見かける。 でもこの石油タンクは衝撃……!それなりの年季が入っていると推測されますが、 やっぱりこ…

江東区下町的アロ景

アロエに目覚めるきっかけになった大山顕さんから 「すばらしくどうかしている」との褒め言葉をいただいてしまった! それまでいちにち二桁あればいい方だったアクセス数が なんかすごいこと(当社比)になってますよ! 改めてありがとうございます!! わた…

あの捨てアロエのその後を追う

以前紹介した、路上放置のアロエ。崩壊しかけた発泡スチロール容器の中にいたあいつですが、 その後3ヶ月くらいそのままの姿で生き延びておりました。通るたびに何とかしてあげたいなあと思いつつ、 場所がパチンコ屋のまん前で人通りも多く、 積極的にどう…

防犯!

「コノ街ノ秩序ハ ワレワレガ 守ッテイル!」 実はこんなに大編成。

ゴミ出しの番人

捨てられているわけじゃないよ。 「水曜日は資源の日!」 違うゴミを出そうとするとトゲだらけの葉が飛んできます(うそ)。 別の場所で。 見られてる!ちょう見られてる!!あなたの最寄のごみ収集所にもいるかもしれません・・・・・・

アロエと室外機はなかよし

室外機の近くに置かれたアロエ。 今回こういうのばっかり行きますよ。 室外機の前にちょこんと置かれた小アロ。 かわいいわー。 室外機越しの市原悦子。 「あら・・・・・・まぁ」と、当ブログのレギュラー陣も室外機と戯れています。 (※小アロと市原悦子タ…

橋とタイヤと夕日とアロエ

タイトルだけだと何がなんだか分からない。まあ、こういうことです。 別アングルから。これは……どういうことなんだろうなあ。

室外機小特集

藤沢歩き番外編パート2。 ゆりかごタイプがかわいく陳列。 白い三連星。 5.1チャンネルサラウンド(違います)。 孤高のエリート。 なぜか窓ガラスからホースが伸びる。 ガラスに穴を開けざるを得なかったのは仕方ないとして、 もう少しすみっこにできなかっ…

塀の穴小特集

藤沢歩き番外編。 ごくありふれたブロック塀の通風孔。いわゆる「透かしブロック」。 こちらはノーマルタイプ。 右上に見えているやつに行ってみましょう。 はい、こんなん出ましたー。 一見、穴からツタが生えているようだけど、 たぶん上のが伸びて穴に吸…

アラサー女子ふたりでまち歩き

このブログを立ち上げるもととなったまち歩きワークショップで 知り合った女の子と異様に意気投合しまして、お茶をしてきました。 場所はともに行動テリトリー内であった湘南藤沢、 初夏の空気が漂う中(←今はもう秋だというツッコミは受け付けません)、 ち…

自分だっていらないと思ってるのに作る

というわけで作りました。 うらぶれた捨てアロエ壁紙。 まあリサイズして申し訳程度にURL入れただけだけどな! 画像をクリックすると大きいサイズで出ますのであとはご自由にどうぞ。 わたしは一瞬だけデスクトップ壁紙に設定したけどすぐにやめました。

捨てアロエ パート2

散歩中に発見。画面中央にものすごい違和感がありますね。 近づいたらこの有様。 木材に混じってアロエが放置されておる・・・・・・!鉢代わりの発泡スチロール、伸びまくった雑草、苔、 そして斜めになったぞんざいな置かれ方。 パーフェクトです!(←何が…

おっきくなってね

先日、赤ちゃんが生まれた友人の家に行きました。 あっ。この日初めて訪れた友人宅。 赤ちゃんより先にこっちに反応。 まだ小アロ。 かわいいねー。きっとそのうち玄関前を覆いつくすぐらいにワサワサになることでしょう・・・ 小アロとともに暮らす赤ちゃん…

アフター大雨

台風の影響とかで、関東地方は大雨でした。 ようやく雨も上がり、外に出たら見つけたのがこちら。発泡スチロール入り、路上放置のアロエですが、発泡スチロールが崩壊しています。 場所は大通りの歩道、パチンコ屋の前。 目にした瞬間、「……捨てアロエ!」っ…

生命力:Priceless

近所のホームセンターにて。 ついうっかり買ってしまいそうなロープライス。 でも、わたしはもう買うことはないと思います。 だってこんなになっちゃうもん。

雨と酒場とアロエ

慌しくてなかなか更新ができない間に、メモリーカードにアロエの画像ばかり増え、どこからどう手をつければいいのかわからなくなってきたのでとにかく出します。まさかここにはないだろう・・・と思いながら、駅近くの飲み屋街を歩いたときの写真。 いるよー…

アロエの本とか

体は全部知っている (文春文庫)作者: 吉本ばなな出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2002/12メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 14回この商品を含むブログ (96件) を見るアロエを撮影していて思い出した本。 短編集で、一番最初にアロエの出てくる話がありま…

小学校うらに緊縛アロエ

モバイルの設定をしたので早速近所を散歩。ルートを少し変えるだけで良アロがぞくぞく。 東京下町のポテンシャルを痛感。しかもこいつ、足元は小さな発泡スチロール。たまらん。

かわいいのとノンジャンルをまとめて

前回はあんまりだったので気を取り直してかわいいのを。 げんき。 通路の両サイドからちょこんと。 いわゆる擬態タイプだけど、こんなに慎ましいと仲間に入れてもらえてよかったね、と思う。 あれ?黄色い花? 隣のへちまと、たわむれていたんだね。 日陰で…

アロエという名のカオスの世界

ずーん。 のっけから負のオーラを漂わせていますね。 今回ずっとこの調子なので、元気のない方はご遠慮ください。 あーあ・・・・・・ 引きはこんな。 鉢という名の束縛の中で生きる。 市原悦子と呼ぶには、あまりに陰気すぎる。 もう、自力では立てないので…

寄りアロ特集

ここでは、アップで撮ったものを中心にお届けします。余計なことは何も申し上げません。どうぞご堪能ください。 いかがでしたでしょうか。 とりあえず、ギザギザしていて怖いことはお分かりですね。 彼らは今日も、住宅街の片隅で生きています。

奔放すぎる生命力

塀の上からこんもりと覗くアロエ。 かなり高い塀(引きで撮るの忘れた)なのにこの勢い! すぐ後ろに建物があり、かなり狭いスペース。 日当たりも悪そうなのに、よくぞここまで育ったものよ。 このはみ出しよう! 真下から撮るとこんなです。 そしてすぐ横…